Top > 刊行書籍 > 改訂 社会保障学必携 2025年への道標
  • 改訂 社会保障学必携 2025年への道標
  • 定価 本体2200円+税
  • B5版並製 176頁
    発行:自由工房
    ISBN: 978-4-901450-18-8
    C3036 ¥2200E
  • 注文数:
  • 新刊
    2016年1月31日発売
  • 改訂 社会保障学必携 2025年への道標
  • 新原英嗣 笹井啓史 笹井義宣 著
  • 社会保障の10年を見通す!
  • 1章 社会保障の歴史/2章 日本の社会保障制度/3章 日本の医療保障制度/4章 日本の社会保障制度各論
  • ■本書は、医療・介護・福祉・年金など社会保障関係機関の従事者・経営者、行政関係者、これから医療・介護・福祉・年金の現場に身を投じようとする学生などを対象に、わが国社会保障制度の成立過程から今日の課題、少子高齢化とりわけ“2025年問題”と呼ばれる近い将来に訪れる社会保障の危機に備えるための必携書です。
    「本書は、社会保障制度改革の流れの真ん中にいる私たちが、制度知識の習得・理解・整理の基盤となるように極めて平易な記載を心がけました。社会保障制度の入門書として、また社会保障制度に対する意識向上・意見発出の一助となれば幸いです」(「序にかえて」より)

    序にかえて ii

    目 次 vi


    第1章 社会保障の歴史 001
    1 社会保障の起源 002
    2 社会保険の誕生 003
    3 ベヴァリッジ報告 003
    4 世界人権宣言(1948年、国際連合) 004
    5 社会保障の拡充と見直し 004
    6 社会保障関連年表 008


    第2章 日本の社会保障制度 021
    1 日本の社会保障制度の法的および歴史的背景 022
    2 社会保障の定義 022
    3 社会保障制度の4つの機能 023
    4 社会保障制度の法制度上の体系 024
    5 社会保障制度の保障上の体系 025
    6 社会保障の財源 025
    7 社会保険(社会保障制度の中核的役割) 035
    8 社会保障制度に関わる国家資格等専門職 036


    第3章 日本の医療保障制度 039
    1 世界の医療保障の方法 040
    2 わが国の医療保障制度の理念 041
    3 わが国の医療保障制度の概要 041
    4 医療保険 042
    5 公費で負担する医療 043
    6 医療提供施設 044
    7 医療関連の行政計画(実施は都道府県) 047
    8 地域における医療と介護の包括的な整備(地域包括ケアシステム) 047
    9 医療法改正の流れと第6次医療法改正 052


    第4章 日本の社会保障制度各論 057
    1 社会保険 058
     【1】医療保険 058
       1 医療保険制度の概要 058
       2 わが国の医療保険制度の特徴 058
       3 医療保険制度で使われる用語 059
       4 医療保険制度の組織 060
       5 保険給付の種類 061
       6 医療保険制度改革の流れ 065
       7 医療保険制度の実際 067
       8 保険医療機関及び保険医療養担当規則 075
     【2】介護保険 078
       1 介護保険の保険者 078
       2 介護保険の被保険者 078
       3 保険給付内容 079
       4 申請からサービス利用まで 081
       5 要介護・要支援認定基準 084
       6 日常生活動作(日常生活活動能力) 084
       7 介護保険の財源 085
       8 介護予防と地域支援事業 085
       9 高齢者の分類 088
       10 介護保険と医療保険の違い 089
       11 医療介護総合確保推進法の趣旨・概要 090
     【3】年金保険 094
       1 年金保険の種類 094
       2 年金保険制度の概要 094
       3 年金保険の制度構造 095
       4 年金保険各論 096
     【4】雇用保険 100
     【5】労働者災害補償保険 102

    2 公的扶助 105
     【1】生活保護制度(生活保護法) 105
     【2】生活保護制度の医療扶助 108
     【3】生活福祉資金貸付制度 110
     【4】生活保護制度見直しの流れ 111

    3 公衆衛生および医療 113
     【1】概要 113
       1 予防 113
       2  医療供給一般 116
       3 生活環境保全対策 116
     【2】公衆衛生・医療・社会福祉の考え方の変遷 117
       1 公衆衛生⇒保健医療⇒保健医療福祉 117
       2 疾病予防対策から生活の質の向上 117
       3 個を生かし、生涯を通じた保健医療福祉 117
     【3】主な保健事業等 118
       1 健康増進事業など 118
       2 母子保健(母子保健法) 125
     【4】主な公費負担医療 126
       1 感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律) 126
       2 児童福祉法 130
       3 障害者総合支援法(自立支援医療) 132
       4 母子保健法 133
       5 戦傷病者特別援護法 134
       6 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律 135
       7 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 135
       8 指定難病に対する医療費助成 137
       9 先天性血液凝固因子障害等治療研究事業 140
       10 肝炎治療特別促進事業(肝炎インターフェロン治療費助成事業) 141
       11 乳幼児医療費助成制度 142
       12 ひとり親家庭等医療費助成制度 142
       13 障害者医療費助成制度 142
       14 後期高齢者福祉医療費給付制度 142
     【5】公費負担医療の特徴 143

    4 社会福祉 145
     【1】社会福祉制度の定義 145
     【2】対象者別にみた社会福祉各論 145
       1 児童福祉 145
       2 母子・寡婦福祉 148
       3 高齢者福祉 150
       4 障害者福祉 152
     【3】社会福祉関連の行政計画 160

    キーワードの索引 161

ページTOPへ戻る

ご注文・送料について